太陽光の利用を基本として、生育に影響する光、温度、湿度、養分をコントロールし、

「安心で安全な農産物を安定して皆様に食べてもらう」をモットーに取り組んでいます。

従来の施設園芸では、管理方法を生産者の「勘」に頼ることが多く、植物の生産能力を十分に発揮出来ないことがありました。

ナチュラ日野では、週単位で栽培管理サイクルをまわし、1年を通じて植物の生育を良好に保つことを目標に、取り組んでいます。